ホーム > 日建産業の「つなぐ」

日建産業の「つなぐ」

つなぐ。〜独自の視点と、しなやかな発想で、世界をつないでいく。

培ってきた発想力とノウハウで、アジア市場へ挑んでいく。

今後、世界経済をけん引していくと言われているアジア諸国。資源開発やエネルギープラント建設、インフラ整備に住宅需要と、市場の拡大はとどまることがなさそうです。建設機械部品の製造技術や、海外に広がる豊富なコネクションを有する私たち日建産業。これまで培ってきたノウハウと新しい発想で、"波を、つくる"を実現します。

パートナー企業と共に、大きなうねりを起こしたい。

アジアの製造業として活動領域を広げるために。私たちは、まず韓国で現地法人と合弁企業を設立しました。さらに今後は、技術力に優れたアジアの製造業同士を結びつけていくことで、最適地での最適生産を進めていきます。業界に、そして世界に。これまでになかったような、大きなうねりを起こしていきます。

世界中をNIKKENの力でつないでいくために。

アジアと周辺諸国で建設機械の需要が伸びつづけている現在、私たちがすべきことは、アジア圏内のネットワークを強化していくことです。様々な国の、様々な企業を結びつけ、それぞれが持ち味を発揮する。そして、そのつながる力を世界へと拡げていく。大きくなるのではなく、常に前に進むことを目指す日建産業。世界への第一歩は、既に始まっています。

イメージ
イメージ
イメージ
日建産業が目指す ファブレスメーカーとしての未来

提携会社一覧

  • SH PAC
  • AKAHAGI
  • DONGYANG

日建インターナショナルコリアについて

東南アジアにおけるインフラ需要は今後益々の拡大が見込まれます。
生産地としての東南アジアから、需要地としての東南アジアへ。

日建産業は、2010年2月韓国ソウルに韓国製造業の社長経験者と共同でNikken International Korea Co.,Ltd(NIK)を設立いたしました。
同社では韓国における有望な製造業の発掘及び輸出業、製造業への資本参加と経営参画を行っております。

市場のグローバル化は顧客ニーズの変化をもたらします。
これに伴う製品設計思想の変化を見過ごす事は出来ません。
日建産業は、幅広いネットワークと技術的見識を土台にした企業間提携にも力を入れており、新しい設計思想に基づくファブレスメーカーとして、東南アジアへの輸出を視野に入れております。


社名
Nikken International Korea Co.,Ltd(NIK)

役員
代表取締役会長 濱口健宏
代表取締役社長 金敬泰

所在地
1018-1019,Donggwan,Hanshin Intervalley 24 707-34,
Yeoksam-dong,Gangnam-gu,Seoul,Korea,135-918
TEL:02-2183-6240/FAX:02-2183-6243

PAGE TOP