ホーム > 採用情報

採用情報

私たちは、楽力(がくりょく)を大切にする会社です。〜いま、自分がいる環境を楽しめる人。一緒にいて楽しくなれる人、一緒にいて楽しみな人、そんな風になりたい人。日建産業は、楽力(がくりょく)ある人を募集します。 →採用に関するお問い合わせはこちら

日建産業で働く人々

写真

渡邊 貴志 (神戸支社 / 平成24年5月入社)

「会社と共に成長できる環境」

「会社と共に自分も成長していける環境で働きたい」という思いで日建産業に入社して、月日が経つのが早いと感じています。入社1年目から大規模なプロジェクトを担当する機会にも恵まれ、大きな遣り甲斐を感じています。業界未経験のため製品知識が乏しく、また、貿易に関することなど、分からない事ばかりで試行錯誤の連続ですが、ひとつひとつの課題を解決しながらプロジェクトを前進させることで、少しずつ自分自身の成長を実感しています。今後も、日建産業と共に成長していけるよう、何事にも前向きに取り組んで参ります。

写真

石橋 和彦 (和歌山工場 / 平成22年8月入社)

「向上の思いをカタチに」

私は全く別畑からの転職組でしたが、入社初日より皆さんに快く迎え入れて貰い、大変ありがたく感じた事をよく覚えています。この会社は自分がより向上したいという思いを持っていれば快く応えてもらえる風土と体制があり、私自身も各種研修の受講や調査レベルでの海外出張など行わせて貰いました。今は新しい視点での「現場力」向上に取り組み始めているのですが、個々人の更に良くしたい・高みに行きたいという思いを存分に発揮して、飛躍して行きたいと思っています。

写真

藪野 順也 (和歌山工場 / 平成26年3月入社)

「日建産業の一員として」

私が日建産業入社のきっかけを作ってくれたのは父でした。 父も日建産業でお世話になっており、平成20年に和歌山で新たに立ち上がったプロジェクトのメインである IH設備の評価や改善を行っていました。私は学生ながら新しい仕事に意欲的に取り組んでいる父の 自慢話を夕食時に家族で聞いていたのを覚えています。入社してからは、父が携わったこの「硬質塩化ビニルライニング鋼管」 製造ラインの一員として、父が行った改善に更に改善を加えてきました。また昨年からは、新たに溶接作業の勉強を始め、 今は資格取得に奮闘中です。今後この溶接の技術力に更に磨きを掛け会社に貢献していきたいと思います。

写真

彦根 綾 (本社 平成26年8月入社)

「仕事が楽しい」

全く違う業種から転職してきましたが、日建産業に入社してよかった、と思います。経験を問わずさまざまなことに挑戦するチャンスを与えていただけるので、自分が成長していくことを感じます。また、仕事にやりがいを感じるだけでなく、仕事が楽しいと思うようになりました。新しいことに好奇心をもち、学び、実践することを応援してくれる職場だからだと思います。日建産業の皆さんはとてもあたたかく、感謝することばかりです。女性社員も多く、職場で活躍されているので、日々刺激を受けています。学ばなければならないことばかりですが、着実に成長し、会社に貢献していきたいと思います。

写真

鄭 採化 NIK (Nikken International Korea) / 平成23年8月入社

「世界へチャレンジ」

もっと広い世界で活躍したいと思っていた私に日建は新しいチャンスを与えてくれました。未経験の分野でしたので初めは分からないことばかりで大変でしたが、先輩と日建日本の皆さんが分かりやすく説明してくれました。毎日ひとつひとつ仕事を学んで行くのは本当に楽しいことでした。国内だけではなく、海外との業務連絡をすることも多いので、相手の立場で考え、分かりやすく、正確に仕事をして行くのが大事だと教えられています。ミスをすることもありますが、それを経験としてステップアップできるようにして行きたいです。これからは取り扱っている製品の知識ももっと身につけ、より専門的に活躍できますように頑張って行きたいと思います。

PAGE TOP